KPOPウェブマガジンLVKM

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!

6 min 623 views
ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.3 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!

3月3日、段々と春の陽気が感じられるようになった東京で、DROPSHIP LIVE ep.3がCIRCUS TOKYOにて開催された。私は開始時間までの間ずっと入場口の喫煙所で友人らと話して過ごしていたが、その間にも1人で来場する未成年らしき若者、当日券を求める者、非日本語話者の韓国人など、様々な人物が横切って入場していった。地下にあるフロアへと続く階段上にまで人が溢れ、ライブは満員状態だった。オープニングDJのDNOPFのパフォーマンスで、会場の期待は膨らむ。

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!
via OnlinedeOffline

lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら、Show Me The Money11の記憶新しい面々のステージの様子を個人の感想と楽曲解説を含めて以下で紹介する。

DAMINI

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!
via OnlinedeOffline

DARK ROOMの白い衣装に身を包んだ彼女の1曲目は『wolves』。Huckleberry Pのシングルで、DAMINIがLiggy, Ahn Byeong Woong, Basick, SIKBOY, JJKと共に参加した曲だ。この曲で彼女の存在を知ったというファンも多いのではなかろうか。

2曲目『ALONE』で、ダウナーなビートながら「한국힙합 반가워 (韓国HIPOPに出会えてよかったという皮肉とも取れるリリック)」と、己の力だけで成長してきた強い証を綴ってスタートした。DAMINIといえば、やはりShow Me The Money11 (以下SMTM) でも決まって発していた「Yo Yo!」のあの声だろう。その特徴的な声で観客を煽ると、DAMINIに合わせ客からも「Yo! Yo!」とレスポンスが返され『DOG OR CHICK 3』が披露される。

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!
via OnlinedeOffline

MCは事前に用意してきた日本語も披露。「次の曲で私の自己紹介をします」と、過去浴びせられてきた自身の見た目や声への暴言についても語った。
そこから続けて『DOG』を披露し、彼女の悲痛を乗り越えた人間性の強さで、より一層激しく会場の熱気は上昇した。

拍車を掛けるように始まったのは、SMTM11内でも「아저씨! 씨! 저리 좀 비키시! 시! 시고! (おじさんあっちにちょっとどいてて)」というリフが耳に残り、ひと際キャッチーだった『AJUSHI』だ。最後尾ながらさすがにもう叫んでジャンプせずにはいられなくなり、私は動画を回している周りに若干気を遣いつつ、気付けば動きは控えめに気持ちだけは強くジャンプして完全にDAMINIの醸し出す空気に呑まれていた。会場的にも個人的にもかなり温まった空気。

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!
via OnlinedeOffline

次のMCで「日本語の歌詞が入った曲があります」と話した瞬間、勘の良いファンは『잘 있지 (元気?の意味で、goodbyeと題している非公式サイトもあった)』だと分かったはずだ。先ほどとは打って変わってメロウなビートで、障害を潜り抜けて走り抜けてきた人生を労わるような姿。「비추는 빛은 곧 어둠을 가리키지 (照らす光はやがて闇を示す)」と、音楽に関心を持たれないことへの孤独感、それと共にステージに立っていない時の他人の評価を気にしなくても良いことへの束の間の安心感と物悲しさが伝わる。最後「다민아 잘 했어 니가 짱이야 (DAMINIよくやったよ お前は最高だよ)」のリリックは、このライブを目撃したファン全員が同じことを囁き寄り添い共闘したくなったはずだ。

Roh Yoonha

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!
via OnlinedeOffline

高等ラッパー4で好成績を収めて以降、メディア露出も増え着々と実力をつけてきているRoh Yoonha。1曲目はHIPHOP界でどんどんのし上がっていく今の彼を象徴するような『Far Post』だ。今回の異国でのライブがまさにこの曲での”殴り込み”状態ともいえる。が、自信たっぷりに観客をのせる様子はついこの前まで学生だったとは思えない。

続く『STOP IT』と『Skip Bottom』は同じEP [Skip Bottom]に収録されている。歌詞中でも「지금이 적기 (今が適期)」や「물 오른 내 폼 (良い波に乗ってる俺のフォーム)」と言っている通り、今が飛躍の年となるだろうエネルギッシュでフレッシュなパフォーマンスを見せてくれた。

「みんなSMTM11見たよなあ~!?」と始まったのは『Flick』。日本でも人気なBE’OとHAONが参加し、当時日本でもとても話題となった。『Vroom』もSMTM11の準決勝で披露された曲。フューチャリングにはSwingsと共に、今回のライブに参加するlIlBOIがいる。今回来場した観客なら必ずこの曲を事前にチェックしてきたであろう。

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!
via OnlinedeOffline

「今日は友達を連れて来ました」と言って出てきたのは、Drop The BitでYoonhaと組んで見事優勝し大いに番組を盛り上げたCHERRY BOY 17だ。雰囲気クラブと化した会場で、「cherryboy ノユナ let’s go!」と始まったのは『A yo Dj』。

Ouu Ouu』はDrop The Bitの3回戦で披露されたもので、フューチャリングでunofficialboyyとLil tachiが参加する曲だ。若いラッパーらしくお金やファッション、クラブでの夜遊びについてのリリックを披露。

CHERRY BOY 17がはけていき、最後の曲『We Higher』が始まる。師弟関係にあるラッパーBlaseも参加しており今の韓国HIPHOPの流行最先端を象徴するドリルビートで、SMTM11から生まれた楽曲の中でもファンからの支持率が高い楽曲だ。「We on fire」や「더 위 위 위」など、日本人の観客でも一緒に口ずさみやすいリリックで一体感が出て一層盛り上がった。

lIlBOI

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!
via OnlinedeOffline

待ちに待ったシーズン11メンターでシーズン9王者lIlBOIの登場、1曲目は『wasabiroom freestyle』で王者の実力を見せつける。本楽曲は2020年にHALF TIME RECORDの企画でアップロードされたものだ。サブスク配信は無いものの、ファンに愛されるライブでは定番の曲。

続いて『Freak』『VV2』『On Air』とSMTM9から生まれた名曲をノンストップで披露し、待ってましたと言わんばかりの会場の熱気はピーク。

ライブレポート onlinedeofflineプロデュースDROPSHIP LIVE ep.2 : lIlBOI , Roh Yoonha , DAMINIら来日!
via OnlinedeOffline

「ユナがcherryboy17を連れてきたように、僕も友達を1人連れてきました」と言って現れたのは、共にHALF TIME RECORDに所属したことのある盟友YANU。実は学生時代日本に住んでいたこともあるそう。しかしかなり酔っ払った状態だったのか長旅の疲れからか、かなり眠そうな面持ちで現れる。日本語のコメントをlIlBOIに振られるものの「ちょっと・・・」と答え今回のMCではあまり日本語を話す様子は見せなかったが、親近感で会場は和んでチルアウト。

この2人が揃ったということは、次の曲は『Moves』だ。本来はTAKEWONも参加する曲だが、そもそも日本で2人揃ってのパフォーマンスを見る機会が今後有り得るだろうか?という、とても貴重なステージだった。
YANUのターンは終わらない。昨年10月リリースしたクラブチューン『Rave feat.1300』を披露。こちらはWYBHのAPROが編曲に参加しているという繋がりがある。

YANUが去ったあと、lIlBOIも最新アルバムより『Travelin’』を軽快に歌い上げる。飛行機に乗って愛する人の元へ帰るという愛に溢れたリリックに、隣国日本での公演に参加してくれたことへの思いを馳せながらもライブはもう終盤。

次はSMTM9で披露された『Tomorrow』だ。GIRIBOYとBIG Naughtyが客演参加したヒット曲。韓国語題だと、『내일이 오면 (明日が来たら)』。もう終わりなのか、と、ふと感じる。日々過ぎ去っていく時間の経過に漠然とした不安や焦燥感を覚えた時、みんなもきっとそう思っているさと寄り添ってくれる曲。lIlBOIが観客にマイクを向けると「해 뜨고 해지고 해지는 나의 신발 (日が登り日が暮れてすり減る僕の靴)」と、今日一番の大合唱だった。

最後の曲は締めくくりにふさわしい『CREDIT』だ。ピンスポットに照らされたlIlBOI。期待と緊張感のある静まり返った会場。前述の『Travelin’Tomorrow』と同様に、lIlBOIの楽曲は時間の経過と共に自分に関わってくれた周囲の人物への愛情や感謝、毎日の生活への労わりなどの繊細な表現がとても多い。それゆえに人々は彼の根底にある優しさに抱きしめられるように惹かれる。人間讃歌とまでは言わないが、今ここに居られるありがたさや自分に影響を与えてくれた人たちや物事が、どこか切なく思い出される。会場全体を見渡せる後方からの景色はとても美しく私の目に焼き付き、本公演は終了した。

DROPSHIP LIVE 次回の公演予定

さて、今回のライブに泣く泣く行けなかったというファンも中にはいるだろう。先日、次回公演の日程がSNSにアップされ既に期待が高まり話題である。メインゲストはHilite Recordsを長年牽引してDaytona Entertainmentに合流した大御所Paloaltoと、音楽もファッションも若年層に人気で日本人ラッパーとの親交も厚いKid Milliだ。フライヤーの and more の一文にも期待が寄せられる。

追加情報は、下記リンクより主催であるOnlinedeOfflineの公式twitterかInstagramをチェックして頂きたい。Under One Roofとしても、日本で新たに韓国カルチャーを熱くさせるパーティとして、今後もDROPSHIP LIVE並びに夜帯のDROPSHIP PARTYに注目していきたい所存である。

마지막으로 이 기사를 도와주신 주최자인 DNOPF님을 포함한 online dé offline의여러분,
그리고 라이브에 참여해주신 가수분들께 감사드립니다.

DROPSHIP LIVE ep.3が4月15日東京 WOMBで開催

そして、次回公演が既に決定している本イベント。チケットは3月17日からVIP , 先着ともに発売。VIPは即完売だったが、一般は販売中。まだ間に合う!

VIPチケット一般先着
金額¥14,800(整理番号付き)¥8,800(整理番号付き)
入場時間17:0017:30
VIP特典
  • 優先入場 (整理番号あり)
  • Paloalto, Kid Milli, toigo, Skaai サイン入りポスター贈呈
  • Paloalto, Kid Milli, toigo, Skaai 4対1記念撮影
  • O.D.OオリジナルTシャツ贈呈

出演者も特典も豪華な次回公演もお見逃しなく!追加情報はO.D.O公式SNSでチェック。

関連記事