KPOPウェブマガジンLVKM

高等ラッパー(School Rapper)シーズン4開催!豪華メンターが発表

4 min 441 views
schoolrapper

高等ラッパー(고등래퍼)シーズン4開催!豪華メンターが発表

Show Me The Money9がひと段落したのも束の間、Mnetから高等ラッパー4の開催、並びに出演するメンター陣が発表されました。hiphopで2020年を終えhiphopで始まる2021年・・・アツい冬になる予感!

高等ラッパー(コドュン、コレプ)とは?

学生ラッパーの登竜門コドュン

10代のみを挑戦者対象にした、Mnet主催の韓国HIPHOPサバイバル番組。フリースタイルやチームでの楽曲制作など、様々なミッションを通して勝ち抜き方式で優勝者を決定する。この番組を経て有名レーベルに所属する事もある為、無所属の学生ラッパーにとっては自分を売り込む大きなきっかけとなる。同放送会社主催のShow Me The Moneyと比較して、出演者が学生服で撮影に参加する事も特徴的である。
고등래퍼(コドゥンレポ)という番組名から、コドゥンコレプと省略されることもある。

学生とはいえ、大人さながらのスキルでバトルを繰り広げる熱い展開に毎回目が離せません!どの子がどこのレーベルにスカウトされるのかな?など、韓国HIPHOP界の将来を担うことになる学生たちの未来を勝手に想像するのもワクワクします。

コドゥン4にメンター出演するラッパー、プロデューサー

THE QUIETT(ザクワイエット) & YUMDDA(ヨムタ)チーム

高等ラッパー(School Rapper)シーズン4開催!豪華メンターが発表

新レーベルDaytona Entertainmentチーム!二人の頭文字をとってタキュチームという名前がつけられました。
昨年Dingoを通じて出した「돈 callme」が大ヒットし、十数年越しにスターの仲間入りを果たした今一番熱いラッパーの一人・YUMDDA(ヨムタ)。そして、ILLIONAIRE RECORDSとして韓国ヒップホップを盛り上げて10年、今年イリネアを解散してAMBITION MUSIKという新しい世代にバトンタッチした伝説級ラッパーTHE QUIETT・通称クワ様。

84年生まれの同い年、今の韓国ヒップホップ黎明期を共に走り抜けた戦友と言っても過言ではない二人。新しいレーベルを代表して、二人がどんなふうに高校生ラッパーたちをプロデューシングしていくのか楽しみです。できたてホヤホヤなので、番組きっかけのスカウトも大いにあり得ます。

yuki

yuki

「84 forever!」と叫びたいけど、今年の挑戦者たちは04年生もあり得ます。もう親戚のおじさんだね・・・

pH-1(ピエイチワン) & JAY PARK(ジェイパーク) & WOOGIE(ウギ)チーム

高等ラッパー(School Rapper)シーズン4開催!豪華メンターが発表

言わずと知れたH1GHR MUSIC(ハイヤーミュージック)勢。国内外問わず大人気のレーベルから、社長JAY PARKとラッパーpH-1、プロデューサーWOOGIE(ウギ)が参戦。ウウォンジェラッパーとはこう!という既定の概念に囚われずキャッチーなメロディーとチルなシンギングでヒット曲を生み出してきたH1GHR MUSICの面々。
それぞれパクチュウォン(pH-1)、パクジェボム(Jay Park)、パクジェウク(WOOGIE)と3人とも本名の苗字がパクであるためパクスリーチームと呼ばれています。また、それぞれの名前から抜き出して「ウウォンジェ(AOMGのラッパー)」にしたらどうか?という案も出ていました。

H1GHRには高等ラッパー優勝者のHAONを筆頭に、BIG Naughty(ソドンヒョン)など、10代〜20代前半の若手ラッパーも多く所属するレーベル。今回挑戦者として参加するTrade LもH1GHR MUSIC所属です。他メンターに比べて、10代の成長盛りなラッパーのパフォーマンスについて見る目も慣れているはず。
今一番国内HIPHOPのトレンドを先取る3人の生み出す音楽が楽しみですね。

yumi

yumi

phおじさんを毎回見れると思うと楽しみでしかない!

SIMON DOMINIC (サイモンドミニク) & LOCO(ロコ)チーム

高等ラッパー(School Rapper)シーズン4開催!豪華メンターが発表

なんと同じくジェボムが代表を務めるAOMGから、SIMON DOMINIC(サイモン ドミニク)とLOCO(ロコ)の人気ラッパー2人がメンターとして参戦。二人の芸名の頭文字から抜き出しSICOチームと名付けられました。
サムディは、ドクァ&ヨムタと同い年の84年生まれ。DFのドキュメント「HIPHOP DAMOIM」でも共演し4曲ものヒットソングを生み出してきた、ヒップホップ界に於ける重鎮。先日放送終了したSMTM9でも2週連続フィーチャーされるなど、全ラッパー憧れの人!トレンドが移り変わる中で、ラップの技術・ビジュアル・ビートなど、いつまでも変わらないサムディが、どんな風に高校生たちを育ててくのか注目。
ロコは最近兵役を終えたにもかかわらず、エンタメ界に復帰して早速こんな大役を仰せつかり、全く衰えない人気の高さが窺えます。

声質・雰囲気・ラップスタイルは違えど、二人ともスキルの高さはピカイチ。ショミ含めメンターとしての参加は初ですが、常に最前線で闘う彼らの指導力はいかに?

yuki

yuki

ロコちゃん除隊してからちゃんとお休みしたんですか?というくらいコンスタンスに活動していて素晴らしいです。

CHANGMO (チャンモ) & WAY CHED (ウェイチェド) チーム

高等ラッパー(School Rapper)シーズン4開催!豪華メンターが発表

クワ様が代表を務めるAMBITION MUSIK(アンビションミュージック)から、アンビションの顔・アンダーグラウンドロックスターことCHANGMO(チャンモ)と、新進気鋭のプロデューサー・WAY CHED(ウェイチェド)参戦。名前の一部を入れたWAYMOチームという名前になりました。
ピアノの天才と呼ばれ、5歳からその腕を称賛されるチャンモ。ピアノを用いた繊細なメロディラインと、相反する力強いラップスキルが特徴。一転、BeautifulやREMEDYのようなエモいトラックと甘く切ない歌声で歌い上げるシンギングラップも大人気である。
ウェイチェドは昨年夏前にアンビションに加入したプロデューサー。新しいトレンドを行く今風でメロディアスなトラックが特徴。

Yoko

Yoko

あとウェイチェドは見た目が普通にアイドルっぽくてちょっとセブチのミンギュに似てます。

高等ラッパー(School Rapper)シーズン4の参加者は?

参加応募受付の終了したシーズン4。毎年アイドルラッパーから「10代だったの!?」と思うくらいアングラでは有名人なサンクララッパーなど、様々な若い才能の持ち主が参戦しています。12月26日現在、まだ正式に参加者は公開されていませんが、先日H1GHR MUSICに所属を発表したTrade Lは、コドゥン開催発表直前にレーベル加入を公表したために「もしかしたらH1GHRの末っ子として参加するのでは無いか?」と噂されています。

過去にも大人に混ざってShow Me The Moneyに参加する志高い学生ラッパーもいたため、10代だからって絶対参加しなきゃ!という訳ではありません。番組での優勝自体がラッパーとしてのゴールでもありません。単なる通過点。でも、多感な年齢に競い合ったからこそ生まれる友情や、素晴らしい楽曲に出会えること間違いない!放送は2021年になりますが、新しい年をフレッシュな気分で迎えられると思うと今からとても楽しみです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です